精神的に健康な人

 Quick and Dirtytips.comの記事「精神的に健康な人の7つの信念 ” 7 Beliefs of Emotionally Healthy People ”」を読んで。

 いい加減は良い加減とも言ったりもしますが、完璧主義は精神的にも健康に悪いですね。
 7つ全てをいつでもできてる必要はないと記事でも言っています。
 逆にこのうちのどれかが絶対に受け入れられないような気分の時は、ちょっと休んでみる必要がありそうです。

 気にいったのは3番の「自分を笑い飛ばせる“I can laugh at myself.”」

George W. Bush famously said to the Yale graduating class, “To those of you who received honors, awards, and distinctions, I say, well done. And to the C students — I say, you, too, can be President of the United States.”
ジョージ.W.ブッシュがエール大学の卒業生におこなったスピーチが有名です。「優秀な成績を修め表彰され栄誉を得た皆さん。おめでとう素晴らしい。 そしてCクラスだった生徒諸君にもひと言、君たちもアメリカ大統領になることができるでしょう」

 成功して余裕のある時にはできそうですが、不遇な時や失敗したときにでもこれを忘れない余裕を持てるようになりたいですね。

参照
7 Beliefs of Emotionally Healthy People”Ellen Hendriksen 2018.12月

多数派意見は半分以上の人が支持しているのか?

 Quick and Dirtytips.comの記事”The Science of Tipping Points: How 25% Can Create a Majority”(Sabrina Stierwalt2018.11.6)を読んで。

 実験の結果によると少数意見が普通の意見とみなされ始めるのはグループ内で支持が25%を超えたあたりからでした。
 多数派意見(常識、当たり前、普通の事、みんな言ってるよetc..)だと説得された時に過半数が支持しているのかどうかは確認が必要そうです。

 この結論を少数意見を浸透させるための根回しの方法として考えるなら、過半数を目指さなくても4人に一人の支持者を作れば良いということになります。組織内で企画を通すハードルが少し下がる気がしますね。

 まあ、明らかに反対している個人の意見を変えさせることは別問題なので期待できることは限定的です。
 はっきりと意見を持っている人は別として、浮動票を取り込んで多数派を形成できれば組織の意思決定に影響できる可能性は高められます。

 

 組織として良い決定をするには、多数派意見を形成することよりも皆で議論を尽くす方がよほど大切だと思うんですけどね(‘Д’)。
参照
https://www.quickanddirtytips.com/education/science/the-science-of-tipping-points-how-25-can-create-a-majority
Experimental evidence for tipping points in social convention”D.Centola他ペンシルバニア大学(2018)
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29880688