性格上の強みを伸ばしてくれる職場

 Michellemcquaid.comの記事「従業員の強みを伸ばすための5つの方法”5 Ways To Help Workers Develop Their Strengths”」から。

 ミシェル・マクアイドによる Strengths Lab 2019職場調査レポート(”The Change Lab 2019 Workplace Survey”)は従業員の性格上の強みの発達と職場や仕事とのかかわりに注目した調査です。
 レポートはMichellemcquaid.comのサイトから無料でダウンロードできます。
The Change Lab 2019 Workplace Survey”(※要アカウント登録)

 

 調査結果によると従業員が自分自身の強みを知って仕事に活かすことができれば、より高い成果を上げることができます。
 
 また、個人向けの強み調査を受けた人でも、結局その強みを活かした場所は職場においてチームサポートと関係の改善に使っていました。
 
 トップ5の強みを識別することができた従業員で彼らがチームに心理的安全があると感じ、リーダーたちと有意義な強みについての会話をしていて組織として彼らの強みを活性化することを約束している時に、その強みを使う可能性がより高まりました。

 さらに強みを活かすことができている従業員は仕事への満足感が7倍高く、積極的に行動する可能性は3倍高く、4倍の成果を出しているという調査結果もあるようです。

 

  • 自分の強みを仕事に生かすことでより高い成果と仕事に対しての満足感を得られます。
  • 強みを伸ばすことの意味についてリーダーは従業員と語る機会を定期的に持つ必要があります。
  • 従業員が強みを伸ばすためにできていることもできていないことも率直にリーダーと話せる関係を築く必要があります。
  • チームの心理的安全性を高め、お互いの長所を知り助け合う関係のあるチームをつくることでよりその強みを発揮できるようになります。
  • 自主性や能力、人とのつながりを組織的に支援し、強みに基づく文化への従業員のコミットメントを高めることがより強い組織文化となります。

 心理的安全はチームで仕事を進めていくうえで基盤となるものです。心理的安全を感じられないチームが増えた原因は会社内だけではなく社会全体を含めた複合的なものだと思います。
 原因追及をするよりも、全員がお互いのことを知って話し合い相互理解を深めることでもう一度心理的安全を作ることが必要です。もちろん組織として心理的安全を損なわないような仕組みを施行することも大切です。
参照
5 Ways To Help Workers Develop Their Strengths” Team MMQ 2019
The Change Lab 2019 Workplace Survey”アカウント登録すると無料でレポートをDLできます。

自分の「強み」を知って幸福度を高める

 (新しい職場や新入社員との人間関係で悩んでいる方にもおススメです。)

 VIA研究所blog「誰でももっと幸せになれる単純なエクササイズ”Anyone Can Boost Happiness With This Simple Exercise”」から。

 VIAの提供している強み診断を使って幸福度を高めるためのエクササイズです。

 
 VIAは無料で性格の強みを診断してくれるサービスを提供しています。結果は24の性格の強みについて順位をつけて教えてくれます。有名なストレングスファインダーと似ていますが、こちらは無料で最下位まで出してくれます。
【Take the Free Character Strengths Test】

 設問が120問ありますが、日本語でも使えるのでサクサク進められます。 
 自己理解を深めるには性格診断は良い方法のひとつです。せっかく分かった強みをどう活かせば良いのかについては有料でレポートを取得できます。人から直接教えて欲しければ、ストレングスファインダーなら国内にも認定を持っている人が多数いるので、ストレングスファインダーの方が良いかもしれません。
 
 さて、あなた自身の強みが判明したら、それを使って幸福度を上げることができます。

 やり方は、最上位だった強みを普段と違う方法で1週間使ってみるという単純なものです。

As a refresher, the intervention called “use your signature strengths in new ways” asks people to take the VIA Survey , choose one of their highest strengths, and then use that strength in a new way each day for one week.
 再調査として「あなたの強みを新しい方法で使う」という介入は、VIAサーベイを受けた人々に彼らの最も高い強みのうちの1つを選び、そして1週間毎日新しい方法でその強みを使うように求めました。

 

The results were clear: using signature strengths in new ways boots happiness and life satisfaction and lowers depression.
 その結果は明らかでした。新しい方法で得意な強みを使用すると、幸福と人生の満足度が高まり、鬱病が軽減されました。

 元々、その人にとって得意な強みなので応用方法を考え出すこともそれほど難しくないのだと思います。簡単にできて効果がある(うまくいかなくても変更方法などがすぐに思いつく)ので自己効力感が高まるのではと思います。

 

 この手の性格診断は強みを知ることも役立ちますが、最下位付近を知れることも大切です。最上位と最下位はある程度までは裏返しの関係にもなるので、普段はその強みを発揮することが少なくなります。そうすると、その強みを上位に持っている人の行動が理解しにくくなります。
 相手が自分とは違う強みを発揮しているのだと思えば、相手のことを受け容れやすくなります。

 4月になり新しい職場やそれに伴う人間関係の変化で戸惑われている方のお役に立てれば幸いです。
参照
Take the Free Character Strengths Test ※要アカウント登録
Anyone Can Boost Happiness With This Simple Exercise”Dr. Ryan Niemiec 2018 VIA Blog
New Ways To Happiness with Strengths”Dr. Ryan Niemiec 2012 VIA Blog
The Impact of Signature Character Strengths Interventions: A Meta-analysis” Nicola S. Schutte John M. Malouff 2018 Journal of Happiness Studies