自由な発想を受け容れられる器が必要

 Psychology Todayの記事「20・30代に必要な思考法”Millennials and Gen Z Need Training in This One Skill Set”」を読んで。
(Millennials and Gen Z :1980年代前半から90年代半ば生まれと90年代半ばから2000年代前半生まれの世代)

 一般的に創造性や自由な発想力があって新しいアイデアを思いつける人を組織は求めます。

LinkedIn named creativity as the top skill needed in business in 2018, and CEOs and hiring managers have been saying the same for at least a decade. Yet, the thinking skills exercised in passing standardized tests do not include the robust original problem solving that is creative thinking.
LinkedIn は2018年にビジネスで必要とされる最高のスキルとして創造性を挙げました、そしてCEOと雇用マネージャは少なくとも10年間同じことを言っていました。それでも、標準化されたテストに合格するのに役立つ思考スキルには、創造的思考である堅牢な独自の問題解決は含まれていません。

 ただし組織が硬直化していて、そのアイデアを許容する雰囲気がなければ誰も積極的に発言しようとはしません。
 以前から続いていることをそのまま続ける前例踏襲が自分にとって一番安全だと思えば、わざわざ失敗の危険がある新しい方法を選ぼうとする人は稀です。

 もちろん創造性もトレーニングで高めることはできます。
 同時に個人の努力や才能だけを当てにするよりも、全員が自由闊達に意見交換ができる関係や心理的安全性の高い組織風土を育てておいた方が組織全体の底上げになります。
参照
Millennials and Gen Z Need Training in This One Skill Set” Kathryn Haydon MSc 2019 Psychology Today

天職は自分で創ってみる

 TEDxBend「天職が見つからない人がいるのはなぜなのか”Why some of us don’t have one true calling”

 子供のころになりたいと思っていた職業に就けた人はどのくらいいるのでしょうか?
 成長して知識が広がるにつれて、その時々でなりたいものが変わっていくことは当然です。それに時代の流れで新しくできる職業もあれば、廃れていく分野もあります。

The notion of the narrowly focused life is highly romanticized in our culture. It’s this idea of destiny or the one true calling, the idea that we each have one great thing we are meant to do during our time on this earth, and you need to figure out what that thing is and devote your life to it.
 狭く焦点を絞った人生という概念は、私たちの文化の中で非常にロマン化されています。それは運命あるいは一つの天職という考え方です。私たち一人一人がこの地球上で生きている間に為すべき素晴らしいことを持っていて、あなたはそれが何であるかを把握し、そのことに人生を捧げる必要があるという考えかたです。

 目的を一つに絞れと言われたことがあると思います。目移りしているとどちらも手に入らない確率が高くなるのかもしれませんが、それは優先順位の問題ではないでしょうか。
 逆に目的を絞りこまないおかげで様々な分野に挑戦できる可能性もあります。

A multipotentialite is someone with many interests and creative pursuits.
マルチ・ポテンシャライトとは 多くに興味を持ち創造を追求する人です。

You can also use one of the other terms that connote the same idea, such as polymath, the Renaissance person. Actually, during the Renaissance period, it was considered the ideal to be well-versed in multiple disciplines.
また、同じような考えを示す、博学者、ルネッサンス人などの言葉を使用することもできます。実際、ルネッサンス時代には、複数の分野に精通していることが理想と考えられていました。

 その時興味を持てたものに全力で取り組めば、いつか止めてしまってもその経験は無駄にはなりません。

Idea synthesis, rapid learning and adaptability: three skills that multipotentialites are very adept at, and three skills that they might lose if pressured to narrow their focus. As a society, we have a vested interest in encouraging multipotentialites to be themselves. We have a lot of complex, multidimensional problems in the world right now, and we need creative, out-of-the-box thinkers to tackle them.
アイデアの統合、迅速な学習力と適応力の3つはマルチ・ポテンシャライトの得意とする所であり焦点を絞れと強いられると失いかねない技能です。私たちの社会はマルチ・ポテンシャライトのありのままの姿を大事にするもっともな理由があります。それは今の世の中に山ほどある複雑で多次元的な問題に取り組むには創造的で型にはまらない人材が必要なのです。

 ひとつのことを継続できない自分を嘆くのではなく、過去の経験を活かす方法を考えるか経験をつなぎ合わせて新しい分野を創造することができれば、これまで解決できなかった問題を解消したりイノベーションを起こせるかもしれません。

 天職と言われると「何をしたい」のかと考えがちですが「なぜしたい」のかという視点から考えた方が腑に落ちやすいです。
参照
Why some of us don’t have one true calling” Emilie Wapnick 2015 TEDxBend