バーンアウトしやすい職場

 Quick and Dirtytips.comの記事「バーンアウトの5つの要因”5 Surprising Causes of Burnout”」から。

 仕事にやる気が出ないと言うとサボリのように受け取られることが多いですが、環境によっては誰でも陥る可能性があります。
 本人の気持ちの問題で自分でどうにかすることが社会人として当然だという見方が主流だと思います。そして、やる気の落ちている本人も、自己責任でどうにかしないといけないとさらに自分を責めて悪循環になる場合もあります。

 ところがWHOは仕事に意欲が出ない状態(バーンアウト:燃え尽き症候群)も”International Classification of Diseases:国際疾病分類”に取り入れています。医療機関に受診しに行くことも選択肢のひとつとして上げられる状態です。

 そもそも仕事量が過剰で忙しすぎてバーンアウトになることは分かりやすい原因ですが、それ以外にも要因は複数あります。

Pressure to Achieve:達成へのプレッシャー
Pessimism :悲観論
Isolation :職場での孤立
Mindless Social Media Consumption:無駄にSNSを使いすぎる
Income Inequality:所得格差

 本人にとって達成できる見込みのない目標はモチベーションが下がるだけです。また、自分の将来に対して明るい展望が描けなければやる気が落ちます。
 上司からのサポートのない状態も要因になります。トラブルが生じたときに一方的に責任を押し付けられるようでは信頼関係は作れません。

 労力に見合った収入を得ていないといった感覚やあまりに大きな所得の格差は、搾取されているような不公平感を助長します。

 

 達成不可能な仕事量や目標を提示したり、職場で孤立した状態を作るなどは厚労省のパワハラの定義にも該当する項目です。働く意欲の高かった社員がバーンアウトしてしまうような職場環境では離職も減りません。
 
 適正な仕事量になるように業務改善も必要ですが、同時に職場での良好なコミュニケーションも必要です。
参照
5 Surprising Causes of Burnout” Ellen Hendriksen, PhD 2019 Quick and Dirtytips
Measuring Burnout” C. L. Cooper S. Cartwright 2009 The Oxford handbook of organizational well-being
国際疾病分類の第11回改訂版 QD85 Burn-out” 2018 WHO

「青梅」と「青海」を間違える?

 Scientific Americanの記事「Web検索が上手になる方法:Googleの科学者からの秘密”How to Be a Better Web Searcher: Secrets from Google Scientists”」から。

 東京都内やその近辺だと電車の経路が複数あり、馴染みのない所に行くには事前に調べておいた方が安心です。
 最寄り駅と降りる駅名だけで調べると乗り換えがメンドクサイ経路や、乗車時間は5分と変わらないのに運賃が高い経路が上位に表示されることもあります。自分にとって便利な経路がどれかは比較しないと分かりません。

 ところが検索で上位に出てきた答えを無条件に信じてしまう人もいます。これは乗り換え案内だけではなくGoogle などの検索エンジンでの検索も同じことです。

The deep problem here is that she blindly accepted the answer offered by the search engine as correct.
ここでの深刻な問題は、彼女が検索エンジンによって提供された答えを盲目的に正しいと認めたことです。

 

In many ways, search engines make our metacognitive skills come to the foreground. It is easy to do a search that plays into your confirmation bias—your tendency to think new information supports views you already hold.
 多くの点で、検索エンジンは私たちのメタ認知スキルを最前線に導きます。簡単にあなたがすでに持っている見解を裏付けるような新しい情報を考えたがるという、確証バイアスを試すことができます。

 人間にはどうしても自分が正しいと思っている情報を裏付ける証拠ばかり集めたがる傾向があります。
 これは健康問題などでは大きな被害が出ることもあるので注意が必要です。

 自分にとって過去に間違いがほとんど無かった検索結果をいちいち疑って検証するよりも、信じて従った方が頭を使わないので楽です。以前の投稿でもcognitive miser(認知的けちん坊)に触れましたが、その中にも”Google It and Forget It“がありました。

 

 記事から離れますが、年齢を問わず会話中でもすぐ検索する人がいます。曖昧なことを放置せず正確さを求めるのは悪い事ではないと思うのですが、細部の正確さよりも話し全体の意図や相手への共感や関心を示すほうがコミュニケーション上は良いのにと思うことがあります。
参照
How to Be a Better Web Searcher: Secrets from Google Scientists” Daniel M. Russell and Mario Callegaro 2019 Scientific American 
9 Signs You May Be a Cognitive Miser”Aditi Mehra 2019 Psychology Today
怠け者なのは、にんげんだもの

参加型研修とは

 よく行われている講義中心の研修では、受講者の意識は講師の話しを聞くことに集中しています。この方法は既に答えの決められている知識の修得には効果がありますが、個別対応を求められる人とのコミュニケーションのような課題では、職場に戻ってから聞いただけの知識で行動を起こせるかどうかは個人の状況によりまちまちです。

 それに対して参加型研修では講師の話しを聞き、小グループでお互いに意見を交換しながら共同作業に取り組み、その後、共同作業内でのできごとを振り返えることで他者の視点や各自の違いに気づき、自分なりの答えをだすことを重視しています。

 答えを人から教わるだけではなく、自分で実践できる方法を見つけ出すプロセスを体験してもらいます。

 だから「やるといい事がありそう」「自分にもきっとできる」といった行動に結びつくモチベーションも高まり、職場に戻ってからも研修内で自分自身で気づいた”学び”を実践し続けることができるのです。

 

 参加者同士で話す時間を作れば、それだけで参加型研修になっているという勘違いがあります。

 ファシリテーションのしかたによっては、話しが盛り上がらずに気まずい思いをし、ますます人と話すことから距離を置こうとする人が出かねません。

 繰り返しになりますが、参加型研修は研修内での学びを職場で実践し続けることを最終的な狙いとしています。そのための共同作業(ワークショップ)であり小グループでの意見交換です。

 ファシリテーターが参加者にとって積極的に参加しやすくなる雰囲気を作っていくことが研修成功の秘訣です。