自由な発想を受け容れられる器が必要

 Psychology Todayの記事「20・30代に必要な思考法”Millennials and Gen Z Need Training in This One Skill Set”」を読んで。
(Millennials and Gen Z :1980年代前半から90年代半ば生まれと90年代半ばから2000年代前半生まれの世代)

 一般的に創造性や自由な発想力があって新しいアイデアを思いつける人を組織は求めます。

LinkedIn named creativity as the top skill needed in business in 2018, and CEOs and hiring managers have been saying the same for at least a decade. Yet, the thinking skills exercised in passing standardized tests do not include the robust original problem solving that is creative thinking.
LinkedIn は2018年にビジネスで必要とされる最高のスキルとして創造性を挙げました、そしてCEOと雇用マネージャは少なくとも10年間同じことを言っていました。それでも、標準化されたテストに合格するのに役立つ思考スキルには、創造的思考である堅牢な独自の問題解決は含まれていません。

 ただし組織が硬直化していて、そのアイデアを許容する雰囲気がなければ誰も積極的に発言しようとはしません。
 以前から続いていることをそのまま続ける前例踏襲が自分にとって一番安全だと思えば、わざわざ失敗の危険がある新しい方法を選ぼうとする人は稀です。

 もちろん創造性もトレーニングで高めることはできます。
 同時に個人の努力や才能だけを当てにするよりも、全員が自由闊達に意見交換ができる関係や心理的安全性の高い組織風土を育てておいた方が組織全体の底上げになります。
参照
Millennials and Gen Z Need Training in This One Skill Set” Kathryn Haydon MSc 2019 Psychology Today