新年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

私の研修に参加することで、参加者はコミュニケーションが円滑になりストレスが減り、周囲へのよい影響で全体的に働きやすい職場に変っていく。

そんな参加型研修をめざして今年も取り組んでいきます。
今年もよろしくお願いいたします。

新年あけましておめでとうございます

年頭挨拶
 新年あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします。

 今年の予測や占いがさまざまに出ていますが、去年に引き続き企業や団体は人材確保に力をいれられることと思います。
 組織の生産力を増大させるために人を増やすこともひとつの方法です。しかし、それよりも今いる人たちの潜在的な力をもっと発揮しやすい、発揮したくなるような組織へと一人ひとりの意識を変化してもらうほうがより大きな成果をあげられます。
 お互いに学びあい貢献しあえるような学習する組織、よりよく変化し続けるような組織を一か所でも増やせるように、今年も皆様とともに学び成長していきます。

 自然体で一歩ずつ、本年もよろしくお願いいたします。
岡崎克哉

ファシリテーション

 ファシリテーションを学ぶ理由で会議の進め方を知りたいといわれることがよくあります。 

 しかし、ファシリテーターの役割とは会議を進行するというよりも会議に限らずグループ内でみんなの意見を引き出し、その場で作られるアウトプットを促進(facilitation)することが本来の役割です。

facilitation:物事を容易にする。簡単にする。促進する。)

 会議を司会進行する技術ではなく、その場にいる人が持っているリソースを最大限に発揮して、成果を作り出すことに協力する関係をつくることも含めてファシリテーションです。

 

 研修内ではファシリテーションに必要な知識と同時に、実際に体験することで職場に戻ってすぐに行動につながるプログラムの構成になっています。

【Blog】適当な読書履歴

 本格的な書評をするつもりも無いのですが、自分が読んだ本の一部を順不同、読書時期もバラバラで列記しています。コーチングやファシリテーションをはじめ組織開発や組織内での人間関係全般に興味をもって読んだ本です。
気が向いたら分類整理します(こう言ってるとヤラナイですね)。

 

ファスト&スロー
実践行動経済学
予想通りに不合理

群れはなぜ同じ方向を目指すのか
ルシファーエフェクト
服従の心理

学習する組織
人を助けるとはどういうことか

続きを読む →

研修実績 会社概要 ミッション

研修実績

 コーチング、ファシリテーション、コミュニケーション、チームビルディング、ロジカルシンキングなど。

 東京都、北海道、福井県、徳島県 官公庁職員対象、コーチングフェスタ2012ゲストスピーカー、 高知県、千葉県、 公共財団法人国際文化研修財団(Jiam)、静岡県駿東地区教育委員会ほか。

続きを読む →

参加型研修とは

 よく行われている講義中心の研修では、受講者の意識は講師の話しを聞くことに集中しています。この方法は既に答えの決められている知識の修得には効果がありますが、個別対応を求められる人とのコミュニケーションのような課題では、職場に戻ってから聞いただけの知識で行動を起こせるかどうかは個人の状況によりまちまちです。

 それに対して参加型研修では講師の話しを聞き、小グループでお互いに意見を交換しながら共同作業に取り組み、その後、共同作業内でのできごとを振り返えることで他者の視点や各自の違いに気づき、自分なりの答えをだすことを重視しています。

 答えを人から教わるだけではなく、自分で実践できる方法を見つけ出すプロセスを体験してもらいます。

 だから「やるといい事がありそう」「自分にもきっとできる」といった行動に結びつくモチベーションも高まり、職場に戻ってからも研修内で自分自身で気づいた”学び”を実践し続けることができるのです。

 

 参加者同士で話す時間を作れば、それだけで参加型研修になっているという勘違いがあります。

 ファシリテーションのしかたによっては、話しが盛り上がらずに気まずい思いをし、ますます人と話すことから距離を置こうとする人が出かねません。

 繰り返しになりますが、参加型研修は研修内での学びを職場で実践し続けることを最終的な狙いとしています。そのための共同作業(ワークショップ)であり小グループでの意見交換です。

 ファシリテーターが参加者にとって積極的に参加しやすくなる雰囲気を作っていくことが研修成功の秘訣です。