三人寄れば文殊の知恵もしくは衆知を集める

 Scientific Americanの記事”The Wisdom of Crowds Requires the Political Left and Right to Work Together

 組織内に多様性があるほうが良いという話は最近よく聞きます。
 多様性というと性別や国籍なんかが思いつきやすいですが、この記事によると政治的意見の違いでも同じように効果があるようです。

 

 面白いのは意見が違う人の対話の場として、ウィキペディアの記事の編集を実験に使っているところ。オンラインでできるので実験に参加してもらいやすくなり、記録を残しやすいので後で測定するのにも便利ですね。
 実験の結果、意見の違う人が議論を重ねるとやはりブラッシュアップされて良い記事になります。

 そして、ブラッシュアップのために対話するうえで大切なことは
We learned that if you have balanced polarization, that led to less toxic language, and less toxic language led to having longer debates.
 政治的に偏りすぎずにバランスを保っていれば毒舌は少なくなり、毒舌が少なくなれば対話は長く続けることができる。

 自説に固執する毒舌家や暴言を吐く人は建設的な対話ができない。
 という、当たり前のことのようですが、上司が人の意見を聞かない毒舌家だったりすると建設的な会議にならないですよね。

 議論を重ねてより良い案を作り出すために多様性はもちろん大事だと思います。同時に意見を言っても大丈夫だと確信できる心理的安全があることも重要です。

 

 改めて多様性について思った時に自分が受けてきた学校教育を振り返ると、生徒の画一化が目的だったんじゃないかと思わずにいられません( ゚Д゚)。

参照
https://www.scientificamerican.com/article/the-wisdom-of-crowds-requires-the-political-left-and-right-to-work-together/
https://awakener123.com/psychological-safety_1/
https://rework.withgoogle.com/guides/understanding-team-effectiveness/steps/identify-dynamics-of-effective-teams/

怠け者なのは、にんげんだもの

 サイコロジートゥディの記事”9 Signs You May Be a Cognitive Miser”を読んで。
 これをやっていると認知能力を衰弱させる9つの兆候・習慣について。

 タイトルのcognitive miser(認知的けちん坊)よりもLazy Thinkers(考えることを怠ける人)のほうが分かりやすいと思うのもなじみのある単語を選びたがる怠け者だからでしょうか。

  「要点を話す」とか「図を使う」のはプレゼンや説明のスキルの一環とされているので指摘されるとちょっと辛い。他にも「必要な時に検索をして内容を覚えない」とか「外注(アウトソーシング)に丸投げ 」なども耳が痛い。

 ただ、これらの習慣は脳の認知能力を衰弱させるので意識して避けましょう。という正論だけではなかなか続かない。
 そもそも、より短時間で少ないコストで成果を上げるという価値観があると悪い習慣だといわれても効果があるので止められないものもある。

 結局、余白や遊びを許容できる環境がないと易きに流れてしまう。怠け者でもいいじゃないか、にんげんだもの。と、言えるほどは達観できないので、日々あれやこれやと考えています((+_+))。

 

 その他のサインは下のソースからお読みください。メンドクサイと思った人はcognitive miserになりかけているかも(*_*;

参考
https://www.psychologytoday.com/intl/blog/cognitive-learning-and-skill-deficits/201902/9-signs-you-may-be-cognitive-miser
https://www.livescience.com/27228-we-are-lazy-thinkers.html

いくつになても学びは大切:脳のピークは意外な年齢

 Scientific American.comの記事(”When Does Intelligence Peak?Scott Barry Kaufman 2月28日, 2019)によると記憶力や判断力、計算能力といった認知機能はそれぞれピークになる年代がバラバラだと分かったそうです。
 Joshua Hartshorne(Harvard大学*1) と Laura Germine(Massachusetts General Hospital)が48537人を対象に標準的な IQ テストと記憶力テストを実施した結果です。

 年齢を重ねると若い時のほうが何でも上手くできていたような気がすることもありますが、実際は年を取った方が伸びていくこともあると考えると安心しますね。
 歴史的な出来事や政治的な思想といった一般的な情報を学び理解する能力は50歳前後、語彙力は60代後半(*2)でようやくピークです。

 そう考えると学び続けることが大事なのはもちろんですが、若い人の成長を長い目で見る楽観的な視点も必要だと思います。

 さらに、目的をもって毎日生活していると能力の低下を抑えることができるということなので最新学習歴の更新は大切ですね。

*1)現在は Boston College
*2)元記事の箱ひげ図とビジネスインサイダーの資料が合わないので気になる人は出典の論文で確認してください。(そこまでするのはメンドクサイ(^^;)

参考
ビジネスインサイダーにも同様の記事がありました。
https://www.businessinsider.com/smartest-age-for-everything-math-vocabulary-memory-2017-7#peak-ability-to-learn-and-understand-new-information-also-occurs-around-age-50-7
https://www.businessinsider.com/how-intelligence-changes-as-we-age-2015-3

講座のお知らせ

 GW連休明けの5月9・10日に滋賀のJIAM(全国市町村国際文化研修所)で「職場のチーム力アップ研修」に登壇します。

 公財)全国市町村研修財団の開催なので自治体にお勤め方が対象です。2日間コースで1日目本間直人さん、2日目私岡崎のお得なコースになってます(‘ω’)ノ

 申し込みは早く埋まるようなので締め切り3月26日ですが早めのお申込みをおすすめしてます。

https://www.jiam.jp/workshop/

 

3月16日(土)13時~(新宿)

「EFカード研究会」

https://kokucheese.com/event/index/556335/

 相手のポジティブなところを見つけやすくなる、自己肯定感が上がる、チームの雰囲気が良くなるなどいろいろ効果的なカードです。

 カードを職場で使ってみた方や研修講師をされている方からも、参加者同士の会話がはずんで場の雰囲気が良くなったなどのご好評をいただいています。

 EFカードは講座に参加して実際にカードの効果を体感された方のみお譲りする方法で販売しています。この機会にぜひご参加ください。

新年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

私の研修に参加することで、参加者はコミュニケーションが円滑になりストレスが減り、周囲へのよい影響で全体的に働きやすい職場に変っていく。

そんな参加型研修をめざして今年も取り組んでいきます。
今年もよろしくお願いいたします。

新年あけましておめでとうございます

年頭挨拶
 新年あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願いいたします。

 今年の予測や占いがさまざまに出ていますが、去年に引き続き企業や団体は人材確保に力をいれられることと思います。
 組織の生産力を増大させるために人を増やすこともひとつの方法です。しかし、それよりも今いる人たちの潜在的な力をもっと発揮しやすい、発揮したくなるような組織へと一人ひとりの意識を変化してもらうほうがより大きな成果をあげられます。
 お互いに学びあい貢献しあえるような学習する組織、よりよく変化し続けるような組織を一か所でも増やせるように、今年も皆様とともに学び成長していきます。

 自然体で一歩ずつ、本年もよろしくお願いいたします。
岡崎克哉

心理的安全がチームの成果をアップする

 昨年、googleはチームの業績を向上させる要因についての研究成果を発表しました。

 その結果によれば、心理的安全、信頼性、構造、意味、インパクトの5つが要因となりえたものでした。

 

 この中でも「心理的安全」が特に重要でした。

──

 心理的安全が確保されたチームで働いているメンバーは離職率も低く、チームメイトからの多様なアイデアを活用することでより多くの収益をもたらし、その効果はおよそ2倍に達すると経営層から評価されています。

(引用原文 Tool: Foster psychological safety

──

続きを読む →

オズボーンのアイデア発想法を図解

 チェックリストの9種類が覚えにくかったので図解にしてみました。SCAMPERに使われているE:eliminate除去・消去・削除も追加しています。

1、転用する。他でも使ってみる。

2、他の事例を真似る。応用して使う。

続きを読む →

見えるケガ、見えないキズ

 交通事故をわざと起こす人はいません。(もちろん、わざとだと事故ではないというそもそも論がありますが)

 事故で人に怪我を負わすと、相手側によほどの過失がなければ、普通の人は二度と事故を起こさないようにと反省して、その後は注意を払って安全運転を心がけるものだと思います。それでも不幸にも二度、三度と事故を起こしてしまうこともあります。

 そうした場合、自分の運転技術や注意力の何が悪いのかと悩んだり、人によっては生活に支障が出ないなら、車の運転をやめてしまうこともあります。

 一般的な感覚で人に怪我を負わしたり、故意ではなくとも人を傷つけてしまうと、反省するものなのです。

続きを読む →

国際ファシリテーション協会「ファシリテーションの倫理観」公開講座

 フィンランド式教育メソッドという教育方法が一時期話題になりました。関連本も何冊か出ています。

 そのうちの1冊に掲載されていた「フィンランドの小学生が考えた議論のための10のルール」(出典:『図解 フィンランド・メソッド入門』北川 達夫, フィンランドメソッド普及会)と言うのがあります。非常によくできた内容で、これを守っていると会社の会議でも結構活性化されそうだと思えるような内容です。

 その中で一番始めにきているのが”他人の発言ををさえぎらない”というものです。 続きを読む →