見えるケガ、見えないキズ

 交通事故をわざと起こす人はいません。(もちろん、わざとだと事故ではないというそもそも論がありますが)

 事故で人に怪我を負わすと、相手側によほどの過失がなければ、普通の人は二度と事故を起こさないようにと反省して、その後は注意を払って安全運転を心がけるものだと思います。それでも不幸にも二度、三度と事故を起こしてしまうこともあります。

 そうした場合、自分の運転技術や注意力の何が悪いのかと悩んだり、人によっては生活に支障が出ないなら、車の運転をやめてしまうこともあります。

 一般的な感覚で人に怪我を負わしたり、故意ではなくとも人を傷つけてしまうと、反省するものなのです。

続きを読む →

国際ファシリテーション協会「ファシリテーションの倫理観」公開講座

 フィンランド式教育メソッドという教育方法が一時期話題になりました。関連本も何冊か出ています。

 そのうちの1冊に掲載されていた「フィンランドの小学生が考えた議論のための10のルール」(出典:『図解 フィンランド・メソッド入門』北川 達夫, フィンランドメソッド普及会)と言うのがあります。非常によくできた内容で、これを守っていると会社の会議でも結構活性化されそうだと思えるような内容です。

 その中で一番始めにきているのが”他人の発言ををさえぎらない”というものです。 続きを読む →